泌尿器科・内科・抗加齢治療(アンチエイジング) 東京駅八重洲中央口から徒歩3分の駅近
ルネスクリニック
完全予約制 ご予約はお電話にて
TEL 03-6262-1553
診療予約はネット予約もできます

遺伝子検査・がんリスク検査とは、遺伝子の持つ情報を血液検査で解析することで、がんなどの病気のリスクや体質などの遺伝的傾向を知る検査です。

病気を未然に防ぐためには、検査で自分の「遺伝子型」を知り、遺伝的にかかりやすい病気の傾向を学び、病気にかからないために生活習慣や環境の改善を行うことが重要です。(検査は全て自費となります。)

ミルテル検査

テロメアテスト(遺伝子強度・遺伝子疲労度)とミアテスト(マイクロRNA:乳がん、膵臓がん、アルツハイマーなど)があり、広島大学薬学部とミルテル社が共同で開発した血液検査です。

テロメアテストは、病気のなりやすさ(遺伝子強度)と今のからだのさび具合(遺伝子疲労度)を遺伝子レベルでチェックします。

ミアテストは、からだの中のがん細胞を超早期に見つける検査です。病気になった細胞から出てくるマイクロRNAという遺伝子を検出する検査で、乳がん、膵臓がん、アルツハイマーなどを画像診断より早く発見できる可能性があります。

詳しくは、ミルテル社ホームページをご覧ください。

マイクロアレイ血液検査

金沢大学とキュービクス社が共同で開発した、消化器がん(胃がん、大腸がん、膵臓がん、胆道がん)を遺伝子レベルで判定する血液検査です。

マイクロアレイとは、がんなどの異物に対する体の反応を遺伝子レベルで測定できる最新の技術です。胃がん、大腸がん、膵臓がん、胆道がんに対して9割の高い感度を示しています。

詳しくは、東京BIOMEDICALS社ホームページをご覧ください。

CanTect検査

現在からだの中で進行しているかもしれないがん細胞の痕跡や、がん細胞に関わる遺伝子の後天的な変化を、血液検査で調べ、がんになる前の超早期がんリスク評価をする検査です。

FreeDNA濃度検査、遺伝子発現解析(がん増殖遺伝子の活性度合い)、突然変異・メチル化解析(がん抑制遺伝子の壊れ具合)、がんリスク評価を調べます。

詳しくは、ジーンサイエンス社ホームページをご覧ください。

アミノインデックス検査(AICS)

血液中のアミノ酸濃度を測定し、健康な人とがんである人のアミノ酸濃度バランスの違いを統計的に解析することで、現在、がんであるリスクを評価する新しい検査です。

胃がん、肺がん、大腸がん、すい臓がん、前立腺がん(男性のみ)、乳がん(女性のみ)、子宮がん・卵巣がん(女性のみ)が対象です。

詳しくは、臨床アミノ酸研究会のホームページをご覧ください。