診療内容

泌尿器科・内科 一般診療

泌尿器科では、頻尿、尿意切迫(おしっこを我慢するのが難しい)、尿の勢いがない、尿が漏れる、排尿時の痛みなどの排尿に関する悩みに対して診療を行っています。
また、過活動膀胱、男性の前立腺疾患(前立腺肥大症、慢性前立腺炎、前立腺がん)、骨盤底筋の緩みによる尿失禁、膀胱炎、尿道炎、腎臓疾患など幅広く対応しております。男性女性問わず、悩みをお持ちの方は、是非ご相談ください。

内科では、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病の他、風邪なども対応しておりますので、お気軽にご相談ください。






LOH症候群(男性の更年期障害)

LOH症候群は、加齢男性性腺機能低下症候群(Late Onset hypogonadism Syndrome)と呼ばれ、いわゆる男性版の更年期障害です。加齢に伴う男性ホルモン(テストステロン)の低下による病態で、倦怠感・めまい・イライラ・睡眠障害・物忘れ・精神不安・勃起不全(ED)・筋肉量の低下・体毛の変化(ヒゲが薄くなる等)などの様々な症状が現れます。この状態が長期にわたると、メタボリックシンドロームや糖尿病、心臓病などの生活習慣病の発症率が高くなり、寝たきりや認知機能の低下にもつながるとされています。
ルネスクリニックでは、LOH症候群に対して、生活習慣の改善や男性ホルモンの補充療法を行っております。また、国内未認可の高濃度テストステロン・クリームや高濃度ビタミンなどの治療の導入も可能です。(検査や治療は、原則自費となります。)


料金表はこちら

▲ホームへ


女性の更年期障害

女性の更年期障害は、エストロゲン、プロゲステロンという2つの女性ホルモンの低下により、冷えやのぼせなどの自律神経失調症状・イライラ・不安・抑うつ・不眠などの精神症状の他、骨粗しょう症・動脈硬化・認知機能の低下などの症状が引き起こされます。 ルネスクリニックでは、女性の更年期障害に対して、ナチュラル・ホルモン(天然型ホルモンとも呼ばれ、ヒトが作るホルモンと同一の化学構造を持つホルモン)を用いた治療を行っております。(検査や治療は、原則自費となります。)


料金表はこちら

▲ホームへ


副腎疲労(アドレナル・ファティーグ)症候群

副腎という臓器は、左右の腎臓の上に乗るように存在する5g程度の小さな臓器ですが、ステロイドホルモン(コルチゾール、アルドステロン、性ホルモンなど)を分泌することで、栄養素の代謝、電解質のバランス調整、ストレスのコントロール、心臓や血管の循環器系の調節、性機能などに関わる重要な働きをしています。
過度や長期のストレスによる副腎の機能低下が続くと、ホルモンのアンバランス状態をきたし、いわゆる副腎疲労(アドレナル・ファティーグ)状態に陥り、慢性的な疲労、精神不安定状態、食欲不振、下痢、アレルギー症状、不眠などの様々な症状を引き起こします。
ルネスクリニックでは、この副腎疲労(アドレナル・ファティーグ)症候群に対する診療を行っております。(検査や治療は、原則自費となります。)事前に詳細な問診票の記入もお願いしておりますので、診察の詳細に関しては、あらかじめクリニックへお問い合わせください。


料金表はこちら

▲ホームへ


衝撃波治療 (ESWT)

衝撃波治療

衝撃波治療
体外衝撃波治療(Extracorporeal Shockwave Therapy:ESWT)は、体外から特殊な波長をもつ衝撃波を焦点に集めることにより、高いエネルギーを発生させる仕組みによって、尿路結石や胆石を破砕する、日本でも標準的な治療方法です。
この衝撃波のレベルを低くした低エネルギー衝撃波には、細胞から血管形成する成分を放出させ、新しい血管の形成を促進させる作用があることが証明されており、この新生血管形成促進効果を利用して、形成外科(美容治療)、狭心症、ED(男性性機能障害)など幅広い分野で使用され、既に様々な効果が実証されてきています。


●難治性疼痛に対する治療
ルネスクリニックでは、新しい疼痛緩和として対外衝撃波治療(ESWT)を導入しています。近年、衝撃波治療が整形外科の分野で多くの疼痛性疾患の除痛を目的とした治療に用いられ、既に欧米ではスポーツ選手を中心に、低侵襲で安全かつ有効な治療とされています。足底筋膜炎、難治性の肩こり等の筋肉痛、慢性骨盤痛症候群などの疼痛緩和に効果が高いといわれています。治療効果には個人差があり、治療後数日で痛みが無くなる場合、数ヶ月で痛みがとれてくる場合、無効の場合があります。また、数回の照射を要することがあります。
●ED(男性性機能障害)に対する治療
ED(勃起障害)に対して行われる体外衝撃波治療(ESWT)は、体外衝撃波治療装置に取り付けた専用のプローブ(探触子)を用いて、加齢や病気の影響によって血液の流れが悪くなった海綿体の血管に衝撃波を照射する事により、血管の若返りを図り、勃起機能を改善させる画期的な治療です。
ESWTを用いたEDに対する治療成績ですが、コントロール不良の糖尿病や高血圧などの生活習慣病のない方では、70%程度の方に症状の改善がみられます。高度の糖尿病や高血圧を持つ方でも、30%程度の方に効果がみられると報告されています。
また、シルデナフィル(バイアグラ)、タダラフィル(シアリス)等のED治療薬の服用で効果がみられなかった方でも、本治療により、勃起機能の改善が得られる可能性があります。
治療の際の痛みもごく軽度で、治療の侵襲も少なく、副作用もほとんどなく、EDに対する治療としては、理想的な治療方法といえます。
●ルネスクリニックの衝撃波治療装置の特徴
ルネスクリニックに導入されている衝撃波治療装置、PiezoWave 2は、これまでに日本に導入されていたED用の体外衝撃波治療装置とは異なるタイプのPiezo方式により衝撃波を発生させる、第3世代の最新治療装置です。従来の機器(Duolith、ED-1000)に比較して、治療部位の痛みが少なく、衝撃波の到達する深さや範囲を調整できることから、より少ない治療回数(ED治療では通常4回)で効果が出るとされています。なお、本治療装置は、日本では未承認医療機器のため、治療費は全て自費となります。

料金表はこちら

▲ホームへ


点滴療法

点滴療法とは、普段の食事やサプリメントだけでは十分補うことが出来なかったり、病気やストレスによって過度に消費されてしまったビタミンやミネラル、アミノ酸などの大切な成分を、安全にかつ短時間で、からだに入れることができる治療方法です。
ルネスクリニックでは、ひとりひとりの症状や目的に応じて、点滴する成分の種類や量を調整して、最適なメニューを作成いたします。主な点滴(注射)療法は、高濃度ビタミンC点滴、血液クレンジング(オゾン療法)、疲労回復点滴・注射(疲労回復アミノ酸点滴、ニンニク注射)、スーパーグルタチオン点滴、キレーション点滴、美肌・美白点滴、育毛点滴、ダイエット点滴、マイヤーズカクテル点滴、プラセンタ注射です。
2015年10月より新たに、高濃度水素点滴(MiZ社特許による非破壊的水素含有手法を用いて作成)を開始しました。
ルネスクリニックで行っている点滴療法の詳細はこちら

ジェネオ 美容

ルネスクリニックオリジナルセレクトの良質な音楽を聴きながらゆったりと点滴が受けられます。




ジェネオ 美容

2名様までの個室もあります。
ご夫婦、ご友人同士でご一緒にどうぞ。



料金表はこちら

▲ホームへ


分子整合栄養療法(オーソモレキュラー療法)

オーソモレキュラー療法(orthomolecular medicine)は、適切な食事やサプリメントを用いて、からだを構成する約60兆個の細胞の働きを向上させて、ひとりひとりが持つ自然治癒力を最大限に引き出す方法です。
ルネスクリニックでは、詳細な血液検査(約60~70項目)を行い、血液検査データを詳細に“栄養解析”することにより、顕著な異常・隠れた異常を見つけ、その結果に基づいて、十分な知識と経験を持つ医療スタッフが、医師の指導の下、ひとりひとりの病態・嗜好・ライフスタイルを考慮した適切な栄養指導、運動指導をご提案します。(検査や治療は、原則自費となります。)


料金表はこちら

▲ホームへ


ホルモン補充療法

血液・唾液・尿検査などで、正確なホルモンバランスを調べ、適切なホルモン補充療法をご提案します。ホルモンは、副作用が少なく安全かつ有効性の高いナチュラル・ホルモン(天然型ホルモン)を用い、女性ホルモン(プロゲステロン、エストロゲン)、男性ホルモン(テストステロン)、DHEA、プレグネノロン、甲状腺ホルモンなどを組み合わせて使用します。また、ビタミンなどのサプリメントを併用することもあります。(検査や治療は、原則自費となります。)


料金表はこちら

▲ホームへ


免疫療法

NK(ナチュラルキラー)細胞などによる免疫治療を行っております。がんの予防などを目的にした治療となります。治療費は全て自費となります。


料金表はこちら

▲ホームへ


メソアクティス(美容治療)

メゾアクティス 美容

医療機関専用機器「メソアクティス」を使用して、肌に有効な美容成分(ビタミン、トラネキサム酸、アルブチン、ヒアルロン酸、コエンザイムQ10、アルジルリン、増殖因子など)を皮膚に浸透させ、シミやしわ、たるみに対する効果的な治療を行います。


「メソアクティス」は、針を使わないので無痛。医療機関専用機器だから安心です。 エレクトロポレーションと呼ばれる特殊な電気の力で、皮膚のバリアゾーンに隙間をつくり、イオンや超音波では導入不可能だった様々な美容有効成分を、肌の奥に大量に浸透させます。メスや針を使わないため、お肌にダメージを与えることなく、痛みもほとんどありません。ダウンタイムもなく、エステ感覚で受けられるため、美容整形やレーザー治療を躊躇されている方にもおすすめです。
ルネスクリニックでは、オプションで幹細胞培養上清液を加えた治療も行っています。所要時間は約30分です。肌奥深くまで有効成分を届けるため、効果が長続きするといわれています。


料金表はこちら

▲ホームへ


ジェネオ(美容治療)

ジェネオ 美容

炭酸温泉療法を応用したフェイシャルトリートメントです。なめらかで健康的な素肌を即実感いただけます。


「ジェネオ」は、肌に酸素を供給する効果が広く認められている天然炭酸温泉からインスピレーションを得て設計された機器です。この効果を再現することで、肌に酸素を送り込みます。同時に肌の余分な角質を取り除き、美容有効成分を吸収するための最適な環境に整え、浸透させます。シワや小じわをやわらげ、毛穴のサイズを小さくし、くすんだ顔色に活力を与え、バランスの取れた健康的な顔色をもたらします。選べる2種類(アンチエイジング/美白)の美容有効成分で健康的な輝く素肌へ導きます。
また、皮膚表面から皮膚組織内側まで同時に均一に温められるトライポーラ(RF:高周波エネルギー)は、コラーゲンの生成や代謝アップにより、肌の引き締め効果が期待できます。セットでより効果的なフェイシャルケアです。


料金表はこちら

▲ホームへ


運動療法

ジェネオ 美容

専門の健康運動指導士が、医師の指示の下、ひとりひとりの体調に合わせ、無理なく安全でかつ効果的な運動メニューを作成します。日常生活の中での正しい姿勢、ウォーキング、ストレッチなどの指導も受けられます。
また、プロスポーツ界からも注目されている、3次元の振動を生み出す新感覚トレーニングマシン「パワープレート」を使用して、安全に短時間で効率よく、自分では鍛えられない筋肉にアプローチすることで、ダイエット・筋力アップ・運動不足解消を実現します。


料金表はこちら

▲ホームへ


遺伝子検査・がんリスク検査

遺伝子検査・がんリスク検査とは、遺伝子の持つ情報を血液検査で解析することで、がんなどの病気のリスクや体質などの遺伝的傾向を知る検査です。
病気を未然に防ぐためには、検査で自分の「遺伝子型」を知り、遺伝的にかかりやすい病気の傾向を学び、病気にかからないために生活習慣や環境の改善を行うことが重要です。(検査は全て自費となります。)

  • ミルテル検査:テロメアテスト(遺伝子強度・遺伝子疲労度)とミアテスト(マイクロRNA:乳がん、膵臓がん、アルツハイマーなど)があり、広島大学薬学部とミルテル社が共同で開発した血液検査です。
    テロメアテストは、病気のなりやすさ(遺伝子強度)と今のからだのさび具合(遺伝子疲労度)を遺伝子レベルでチェックします。ミアテストは、からだの中のがん細胞を超早期に見つける検査です。病気になった細胞から出てくるマイクロRNAという遺伝子を検出する検査で、乳がん、膵臓がん、アルツハイマーなどを画像診断より早く発見できる可能性があります。詳しくは、ミルテル社ホームページをご覧ください。
  • マイクロアレイ血液検査:金沢大学とキュービクス社が共同で開発した、消化器がん(胃がん、大腸がん、膵臓がん、胆道がん)を遺伝子レベルで判定する血液検査です。
    マイクロアレイとは、がんなどの異物に対する体の反応を遺伝子レベルで測定できる最新の技術です。胃がん、大腸がん、膵臓がん、胆道がんに対して9割の高い感度を示しています。詳しくは、東京BIOMEDICALS社ホームページをご覧ください。
  • CanTect検査:現在からだの中で進行しているかもしれないがん細胞の痕跡や、がん細胞に関わる遺伝子の後天的な変化を、血液検査で調べ、がんになる前の超早期がんリスク評価をする検査です。
    FreeDNA濃度検査、遺伝子発現解析(がん増殖遺伝子の活性度合い)、突然変異・メチル化解析(がん抑制遺伝子の壊れ具合)、がんリスク評価を調べます。詳しくは、ジーンサイエンス社ホームページをご覧ください。
  • アミノインデックス・がんリスクスクリーニング(AICS):血液中のアミノ酸濃度を測定し、健康な人とがんである人のアミノ酸濃度バランスの違いを統計的に解析することで、現在がんであるリスクを評価する検査です。
    胃がん、肺がん、大腸がん、すい臓がん、前立腺がん(男性のみ)、乳がん(女性のみ)、子宮がん・卵巣がん(女性のみ)が対象です。詳しくは、臨床アミノ酸研究会のホームページをご覧ください。


料金表はこちら

▲ホームへ


認知機能関連検査

認知症リスク検査のMCIスクリーニング検査とAPOE遺伝子検査は、認知症の早期発見を手助けする検査です。
MCIスクリーニング検査は、認知症の前段階である軽度認知障害(MCI)の兆候を早期に発見できる血液検査です。アルツハイマー病の原因物質であるアミロイドβペプチドの蓄積を間接的に評価することで、軽度認知障害(MCI)のリスクを調べます。また、アルツハイマー病の発症に関連する遺伝子を調べるAPOE遺伝子検査も行っております。詳しくは、MCBI社ホームページをご覧ください。


料金表はこちら

▲ホームへ


その他の特殊検査

ルネスクリニックでは、フードアレルギー検査(遅延型アレルギー)、腸内フローラ(腸内環境)検査、体内重金属検査、酸化ストレス・抗酸化力検査、LOX-index(動脈硬化度検査)等も行っております。これらの検査結果に基づき、栄養、運動、ホルモン補充などの手法を総合的に用い、少しでもお元気で見た目も美しい身体を復活させ、健康を取り戻したり、病気にならない身体づくりのお手伝いをさせていただきます。(検査や治療は、原則自費となります。)


料金表はこちら

▲ホームへ


Copyright(C) ルネスクリニック